HOME
キタニについて
キタニの家具作り
商品
デザイナー
ショールーム/取扱店
FACEBOOK
ニュース

HOME» ニュース2020 »『流れがわかる! デンマーク家具のデザイン史』 ~ なぜ、北欧のデンマークから数々の名作が生まれたのか ~

ニュース2020

『流れがわかる! デンマーク家具のデザイン史』 ~ なぜ、北欧のデンマークから数々の名作が生まれたのか ~

2020.2.28

『流れがわかる! デンマーク家具のデザイン史』~ なぜ、北欧のデンマークから数々の名作が生まれたのか ~

北欧家具の中でも特に人気の高いデンマークの家具について、なぜ数多くの名作が生まれ、現在でも注目され続けているのか。
その理由や背景を、歴史的な流れに沿ってデンマーク留学経験のある気鋭の若手研究者が解説します。


ルッド・ラスムッセンやフリッツ・ハンセンが創業した1800年代後半から1900年代初期に至る黎明期、クリントから始まりウェグナーやフィン・ユールなどの著名なデザイナーを生み出した黄金期、70~80年代の衰退期、そして90年代半ばから現代にかけての再評価期。
これらの年代の変遷を、デザイナー、家具メーカー、家具職人などの特徴や作品を見ながら、デザインの変遷をたどっていきます。

現在活躍中のキャスパー・サルト、セシリエ・マンツなど旬のデザイナーたちの考え方や最新情報についてもお話していただきます。

なお、本セミナーは、『流れがわかる! デンマーク家具のデザイン史』(多田羅景太、誠文堂新光社より2019年10月刊行、2700円+税)の出版記念講演です。
会場にて著者サイン本を販売します(支払い方法は現金のみ)

=====================================================
講師 多田羅景太(たたら けいた)

1975年、香川県生まれ。京都工芸繊維大学デザイン・建築学系助教。京都工芸繊維大学造形工学科卒業後、デンマーク政府奨学金留学生として国立デンマークデザインスクールに留学。同校では、ロアルド・スティーン・ハンセン氏の下で家具デザインを学ぶ。デンマーク滞在中、スカンジナビアンファニチャーフェア(コペンハーゲン)などの展覧会に出展。2003年、同校卒業後に帰国。08年までデザイン事務所にて、家具を中心としたインテリアプロダクトなどのデザインを手掛ける。現在、京都精華大学や福井工業大学などでも講師を務める。ドキュメンタリー映画「ボーエ・モーエンセン、デザイン・フォー・ライフ」の日本語訳を担当。


〇司会進行:西川栄明(編集者)

 

=====================================================

日時:2020年4月25日(土)14:00~16:30
参加費:1,000円 ※当日会場受付でのお支払いとなります。(現金のみ)
定員:50名(事前申し込み制・先着順)
主催:㈱誠文堂新光社、㈱キタニジャパン
会場:キタニ高山本社内 邯鄲亭1階 (岐阜県高山市松倉町2115)Googleマップで開く
参加申込:以下のメールアドレスよりお申込ください。電話、FAXでも受け付けます。
※氏名、所属(職業)、複数での申込の場合は人数 をお知らせください。
メール mokuiku7@gmail.com(担当:西川)
TEL 0577-32-3546(キタニジャパン 平日9:00~17:00)
FAX 0577-32-0126(キタニジャパン)


※やむを得ない事情により、中止または延期とさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

2020/2/28